知り合いから頂いた広角マクロレンズ SIGMA MINI-WIDE 28mm/F2.8。
レンズ内にすごいくもりがあってほとんど写すことができない。
どんな写りをするんだろうと思いダメ元で分解してみた。

sigma_mini-wide_28mm08.jpg

実は分解は2度目の挑戦。
途中までバラせたんですが中玉まで分解できず断念。

また気になりだし再度分解に挑戦。
どこをどうすればはずれるかな・・・小さなビスを落したり・・・
レンズがぽろっと落ちたり・・・
悪戦苦闘の中ようやくバラバラにすることができた。

sigma_mini-wide_28mm01.jpg

スポンサーリンク




これってカビ?
肝心のくもりはきれいに拭きとれたけど少々傷が残ってしまった。
sigma_mini-wide_28mm04.jpg

早速元通りに・・・?あれ、こんな感じだったかな。
バラすまでは良かったんだけど、元通りに戻すことができない・・・
ばらす時に写真に撮っとけばよかった。

また悪戦苦闘して、ようやく元通りに(^▽^)
sigma_mini-wide_28mm06.jpg

sigma_mini-wide_28mm07.jpg

早速試写。
ん?接写時のピントは合うのに無望遠が合わない。
中玉の向きが逆かなと思い直してもだめ。
う~ん、なぜ?どこをどう間違ったのかわかりません~(>_<。)~
関連記事

スポンサーリンク





2009.05.30 Sat l .カメラ・レンズ 交換レンズ l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
キャノン用マウントの同レンズをいま分解している最中の者です。

ピントが合わないのは、

・ピントリングの止めた位置が悪い
 前から数えて2番目のわっかは、
内側に3本のネジで固定してますが、この位置はピントリングの回転できる範囲を決める機能があります。
 軽くとめて、無限遠のほうに最大にまわしたところで、ボディーに装着して実際に無限が取れているかを確認(実用上は数キロ先のものとか月とかをみて)して、取れていたら本止め。
取れていないならネジを緩めて少しまわして調整。

・ヘリコイドをはめ合わせた場所が悪い
 複数の螺旋が切ってあるので、その分カミ合う位置も多い。
 正解は1つ。
 この場合は組みあがらない可能性が高いので、違うとは思います。

広角で無限円は命なので、気合のいれどころです。
(無限が取れるだけなら、オーバーしててもよいが、まわしきったところでパッチリ無限になったほうが、実用上楽)

いらん講釈ですが、参考にでもなれば幸いです。
2009.10.12 Mon l すきやき. URL l 編集
すきやきさんへ
詳しいご説明ありがとうございます^^
ほとんどあきらめていたところでした。
とても参考になります!
今度時間があるときに挑戦したいと思います。
2009.10.13 Tue l windy. URL l 編集
help!
先輩、
こんにちは
日本語あまり上手くなてごめん、でもニコン向のシグマ28mm mini-wideの分解アドバイスがほしいです
私そこまで分解したけど
http://i587.photobucket.com/albums/ss312/Petarossa/IMG_0068-1.jpg
3本のネジも出てたから、中の分は自由に回ることもできるけど、ここからどうやっていいのか じっくり考えても分からない
アドバイスお願いいたします

Peter
2012.05.31 Thu l Peter. URL l 編集
Peterさんへ
コメントありがとう。
お応えできるほど詳しくないです。
お役に立てれなくてすみません・・・。
2012.05.31 Thu l windy. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/914-308d5274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)