交換レンズも標準、望遠、マクロと充実したものになりました。^^
残りは広角ズームレンズ。その候補は次の3本です。

1.トキナー AT-X 124 PRO DX ←逆光に強く解像力もいいみたい。風景に最適かも。
2.シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM ←10mmから始まる超広角は魅力的。
3.ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G ←文句なし。でも、とても高価です。

で、3本の内どれかにしようかなと思ってたら、
トキナー AT-X 124 PRO DXの新モデルが発表に・・・。

AT-X 124 PRO DX II AF 12-24mm F4

新コーテングでさらにクリアーな描写、絞り開放でもシャープな写り、
静寂性の高いAFモーター内蔵、D40、D60でもAFができる。
ワンタッチフォーカスクラッチ機構、前モデルよりわずかながら30g軽い。
光学設計に無理をかけない広角12mmからの高い描写性能・・・。

決まりかな・・・。でもD300買ったばかりだし・・・でも欲しい。

Tokina AT-X 124 PRO DX II AF 12-24mm F4
発売日
ニコン 2008年11月7日
キャノン 2008年12月5日
価格 90,000円(税込94,500円)

トキナー「AT-X 124 PRO DX II AF 12-24mm F4」
デジカメWatch トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4~鳥肌が立つほどシャープな写り

にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
いつも応援ありがとうございます。

関連記事
2008.09.20 Sat l .カメラ・レンズ 交換レンズ l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

NO TITLE
あはははは

実は私も同じ事を考えていました。
偶然というか気が合うというか面白いですね~

18-125mmもそこそこの金額で落札され、ひとまず今は望遠はさほど必要ないので広角かフィッシュアイに視点をシフトしてみようかと思っていました。

以前、銀座のショールームでニッコールの14~24mm F2.8Gを借りて撮影してみましたが、それはそれは素晴らしい描写力で単焦点の14mmよりも上では?という程でしたよ。(お値段も素晴らしいですが・・)

広角レンズならではの驚きの遠近感は魅力的ですよね。

と、言いつつも実はTAMRONの『AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO』が気になっていますwww

本当に物欲は恐ろしいと感じる毎日です。

私の格言
「弘法は筆を選ぶ」




2008.09.22 Mon l なむ~. URL l 編集
なむーさんへ
そうでしたか。
14~24mm F2.8Gの単焦点よりも解像度がいいのはすごいですね。
トキナーは雑誌やネットで評価など見ると比較的値段も安く、いい写りをするそうなので、
超広角で紅葉を撮ってみたいなぁ。
フィルター径が77㎜なのでC-PLも買わないと・・・。
腕よりもレンズの方に気が向いてしまう・・・。
あ~物欲が抑えきれない・・・。

TAMRON AF18-270mmは凄いレンズですね。
ほとんどこれ1本でいけてしまいますね。意外と小さいし・・・。
光学的に結構無理しているのではと思うのですが、望遠側の描写力が気になります。
18-200mmではもう少し望遠側があればと思うことがよくあります。
18-300mmで短焦点に負けないくらいの解像力の高いズームレンズが出てくるといいですね。
まずないでしょうけど。^^;
2008.09.22 Mon l windy. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/544-7ebe3599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)