地球からの距離は約38万4,400km。直径は約3,474km
地球から見ることができるのは月の表側だけで裏側は見ることができません。
月の自転は地球を回る公転と位相が一致しているので、
月はいつも同じ面を地球に向けているんだそうです。

月(SIGMA 70-300mm
Nikon D60 + SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
(300mm F7.1 1/320秒 ISO400 測光:スポット 手持ち トリミング)

普通に撮ると月は真っ白になってしまうので、
測光をスポットにしたらこのように良い月面を撮ることができました。
月は明るいので、絞りこんでもシャッタースピード1/200~1/300でいけます。
手持ちで十分撮影できます。
もう少しアップで撮れればと思うのですが300mmではこれが限界。
月面のクレーターもよく分かり、これだけ撮ることができればいちおう満足かな。

簡単ですが月の主なクレーターと海の説明を・・・。
主なクレーターと海

これは「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」で撮ったものです。
ピント甘いですね。
SIGMA 18-200mmOS
(200mm F10 1/100秒 ISO800 測光:スポット 手持ち トリミング)

にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
いつも応援ありがとうございます。
関連記事


2008.07.15 Tue l いろいろ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/451-848083da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)