高倍率ズームレンズ「シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」。
手ブレ補正機構OS(Optical Stabilizer)、HSM(超音波モーター)を搭載し、
D40、D40x、D60でもAFでの撮影が可能となっています。

18-200DCOSHSM01.jpg

18-200DCOSHSM09.jpg

少し感想を・・・。
よかったら続きを見て下さいね。
装着した感じはデカく重い。ズッシリとした感じがします。
レンズに本体が着いているようにも見えます。言いすぎ?
もう少しコンパクトになれば言うことなしです。

広角18ミリ
18-200DCOSHSM05.jpg

望遠200ミリ。とても長いです。油断しているとぶつけてしまいそうす。
18-200DCOSHSM07.jpg

18-200DCOSHSM04.jpg


気になる手ブレ補正(OS)の効果は・・・

18-200DCOSHSM08.jpg

手ブレ補正OSをオンにして半押しすると、
望遠側でブレていた画像がピタっと止まり(少し上下左右に動く感じはあります)ハッキリとファインダーで手ブレ効果が確認できます。
手ブレ効果の効きに最初は違和感がありますが撮った写真をプレビューしてみると、
おぉー、ブレてないじゃん。しっかり効いている。^^その手ブレ補正の効果に感動しました。
1/20でもOS手ブレ効果で十分きれいに撮れます。1/15でも何とかいけそうかな。
これで屋内でも手ブレを気にせず撮ることができます。
ただ、半押ししてOSが動作した後、しばらくてOSの動作がOFFになる時「ギギッ」という音が気になります。

鏡筒の垂れ下がり防止のLOCKスイッチは便利。
まだ、新しいので下に向けても垂れませんが、使い続けていくうちに垂れるようになるかもしれませんね。
造りもしっかりしていて手ブレ補正の効果も高く描写もシャープだと思います。
望遠でしっかり握ろうとするとフォーカスリングまで触ってしまうので、ズームリングの方を広くとって欲しかったです。

18-200DCOSHSM10.jpg

手ブレ補正のON/OFFとAF/MFの切替スイッチは大きく操作しやすいのは○です。
ズーミングはトルク感がありスムーズです。50-80ミリ間で少し重たくなりますが特に気にならない程度だと思います。

オートフォーカスは思っていたより静かで速いです。
(SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC はジージーとモーター音がうるさくAFも比べると遅いかな)
手ブレ補正はいらないという方なら、コンパクトで軽く安い「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC」はお勧めです。

何と言っても、ファインダーで手ブレ効果を実感でき「写真を撮ろう」という気持ちにしてくれます。
大きく重たいですが、広角から望遠までこれ一本で十分使えるレンズです。



ちょっと散歩しながら撮ってみました。
植物ばかりですが・・・。
DCOS_sample01.jpg
98ミリ F5.6 1/500 ISO200

DCOS_sample03.jpg
116ミリ F6 1/320 ISO200

DCOS_sample06.jpg
18ミリ F9 1/30 ISO400

DCOS_sample09.jpg
65ミリ F5.3 1/1600 ISO400

DCOS_sample10.jpg
65ミリ F5.3 1/1250 ISO400

DCOS_sample12.jpg
65ミリ F5.6 1/800 ISO200 +0.7EV

DCOS_sample13.jpg
200ミリ F6.3 1/200 ISO200 +0.7EV

DCOS_sample14.jpg
200ミリ F6.3 1/800 ISO200 +0.7EV

にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
関連記事

2008.04.17 Thu l .カメラ・レンズ 交換レンズ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/276-58170b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)