DSC05505.jpg

愛用していた「Sound PEATS Q30」をなくしてしまい、
もう一度同じものを買おうか迷っていたところ、完全独立型ワイヤレスイヤホンがタイムセール中に・・・。
詳細を確認せずに思わずポチッてしまいました。

不安になり少しググってみたら、コスパが高くなかなかの高評価という代物。
ちょっと安心しました。

DSC05500.jpg

初の完全独立型ワイヤレスイヤホンです。

DSC05503.jpg

イヤホンをバッテリーケースから取り出すだけで電源オン。
瞬時にペアリングして接続完了。
バッテリーケースにしまえば電源オフ。
イヤホン本体の重さは約5gと軽く、耳にピッタリフィットしてとっても軽い着け心地。
電源オンオフするも必要なし。
首を強く振っても外れないし、わずらわしいケーブルが一切なし。
全くストレスを感じない。
なんだこの快適さは・・・。

これで音質が良かったら最高なんだけど・・・。

肝心の音質は予想を上回る音質でした^^。
高・中音は出過ぎずややフラットな感じですが、低音のボリューム感が素晴らしいです。
全体的に癖のない音質で嫌味がなくとても聴きやすいです。
これがたった5gのイヤホンから出る音なのかと驚き!
BassUpテクノロジーという低音域を増幅させる機能は侮れないかも。

内蔵マイクによるハンズフリーの通話品質は普通に使えます。
こもったり、相手が聞きずらいということはなかったです。

ノイズキャンセリングや外部音取り込み機能はないですが、防水性能はIPX7!
コスパが良く、クオリティは高いです。
購入して良かったです。

通常価格4999円がタイムセールで3999円。
さらに5%還元で-200円オフで3799円でした。

DSC05506.jpg
なぜかバッテリーケースの裏側には何にも表記がなかったです。
ひょっとしてシールの貼り忘れ??

R2年4月17日追記
バッテリーケースの蓋を開けた裏側に、ほぼ同色で非常に目立たない感じで記載されていました。

Anker Soundcore Liberty Neo(第2世代)
最大再生可能時間 20時間(バッテリーケース併用)
本体単体再生時間 最大5時間
バッテリーケース充電時間 約1.5時間
防水機能 IPX7
Bluetooth 5.0
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
Bluetooth通信距離 10m
対応コーデック AAC / SBC
ドライバー グラフェンドライバー6mm



関連記事

2020.04.01 Wed l オーディオ・ホームシアター l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1689-909755fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)