DSC05257.jpg

ウオッシャー&ワイパーするだけで、クリーニングと同時に撥水効果が得られる優れもの。
すでに撥水コート処理しているガラスならばこれを使うのがベスト。
初めて使う場合は、タンク内に入っている既存のウォッシャー液を抜かなくてはいけません。
違う種類のウォッシャー液をそのままつぎ足すと、噴射ノズルやホース等の目づまりが発生する場合があるので注意が必要です。

抜き取るには細めのホースを使ってやるのが手っ取り早いです。
ホームセンターで7Φのビニールホースを2m購入。1m@60円。

ルーミーのウォッシャータンクはボンネットを開けて手前左にあります。
アクセスしやすい位置にあるんですが、注ぎ口がタンク内からL字に飛び出している形なのでなかなかホースが入っていかない(´;ω;`)ウゥゥ。
ぐりぐり回しながら押し込んでようやく入りました。
ホースは柔らかくても硬くてもダメ。適度な硬さのホースが良いかと思います。

タンク内のウォッシャー液を空にした後、水を入れて再度排出。
タンク内が綺麗になったところで、スーパーレイン・X「ウオッシャー2000」を入れます。
ちょうど2リットル入りました。
これで雨の日も安心です。

説明をよく見たら、3倍に希釈しても撥水性能は変わらないとあります。
凍結温度が原液だと-30℃、2倍希釈で-10℃、3倍希釈で-6℃。
次回は2倍希釈で入れようと思います。

IMG_9112_20190902172828cc8.jpg
車検や点検時に誤って他のウォッシャー液と混ざるのを防ぐためのシールです。
事前にスタッフ言えばいいんですがうっかり忘れてしまうこともあるかと思います。
これを貼っておけばつい言い忘れても安心ですね。

関連記事

2019.07.24 Wed l トヨタ ルーミー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1661-d515629e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)