IMG_8488.jpg

ルーミーのAピラーは、4カ所の爪で固定されているだけなので意外と簡単に外せました。
ヘラを隙間にさしてちょっと浮かせばあとは引っこ抜くだけです。
すでにケーブルが通っているので、レコーダーのケーブルを結束バンドで固定しておきます。



IMG_8489.jpg
写真にはないですが、ここの黒いカバーも爪でとめてあるだけなので簡単に外せます。
ケーブルはすべて隠れてスッキリ!
思ったより簡単に取り付けできたのでよかったです。
(_´Д`)ノ~~オツカレー

実際に使用してみて・・・

録画設定で駐車モードをオン。
エンジンを切れば5分後に自動的に駐車監視モードになります。
当然、常時電源なので今までのようにエンジン連動ではなくなります。
駐車監視モードしない場合は強制的に電源オフにします。
毎日乗るのならばほったらかしでもいいかなと思います。

VANTRUE USB電源直結コードには低電圧保護機能があるので、バッテリー上がる前に自動でパワーオフになるので安心です。
なのでつけっぱなしでもバッテリー上がりを気にする必要はさなそうです。
しばらく様子をみてみたいと思います。

監視中は薄暗いブルーのLEDが点滅しているくいらい。
ほんとに録画できているか心配でしたが、しっかりと動きのある時だけ録画されていました。
監視中はLEDランプが点滅するなど車外からでも分かるようにして欲しかったです。

説明書ではフロントカメラで有効となっていましたが、どうやら後方カメラでも機能するみたい。
センサーの感度が高いようで、少しでも動きがあるとすぐ録画を開始してしまいます。
10秒ほど動きがないと録画を停止し監視モードに入ります。

人通りが多かったり、車が通過する道路だと頻繁に録画状態になることも・・・。
あと、雨などの水滴や風で木が揺れたりしても録画してしまう感じ。
う~ん、やっぱりバッテリーが心配になってきます。
一晩くらいは問題ないかもしれませんが、1週間ぐらいの放置だとさすがにやばいかもしれませんね。

p_monitoring01.jpg
録画映像のスクリーンショットです。
深夜1時頃になります。
赤外線暗視機能で真っ暗でもここまで映るんですね。すごい。

p_monitoring02.jpg
明るくなってきた午前6時前の映像です。
ここまで明るくなってくると外の様子がはっきり分かります。
2枚ともバックカメラの映像ですが、同時にフロントカメラも録画されています。
前170度+後ろ140度の広視野角の駐車監視はN2Proだけ。さすがです。

24時間監視を重視したドライブレコーダー「VANTRUE T2」という機種もあります。
マイクロ波で動体検知するというすぐれもの。
動きや衝撃を検知すれば警告灯が点滅して不審者を威嚇。
待機状態の消費電力も少ないそうです。
これが後方も録画できるようになるといいですね。

とりあえず、特に問題なく無事完了できて良かったです。
ルーミーオーナーのみなさんに少しでも参考になれば幸いです。

  

関連記事




2019.04.26 Fri l トヨタ ルーミー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1641-c92b6c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)