soundbar2.jpg

テレビの音質を劇的に変化させるサウンドバーが人気です。
小さいので場所をとらない。テレビの前に置いても違和感がない。設置が簡単。

価格は大体3万前後のものがよさそうです。
1万前後の安価なものは思ったほど期待がもてないのでなるべく避けたい。

気になる4製品を選んで比較してみました。
※サブウーハー付は除く。サウンドバーのみの商品に絞ってます。

スポンサーリンク




※表示価格は2017/1/27現在の価格です。

solo5.jpg
Bose Solo 5 TV sound system ¥30,000
スリムなサウンドバータイプのテレビ用スピーカー。
独自技術により、スピーチが聞き取りやすくなる「ダイアログモード」を搭載しており、セリフやトークもクリアに聞こえるようになる。
付属のユニバーサルリモコンは、スピーカー本体だけでなく、テレビやレコーダーも操作することができる。

発売日:2016年 4月15日
最大出力(サラウンド/ウーハー)非公開
チャンネル数 非公開
Bluetooth 〇
HDMI端子 ×
光デジタル端子 〇
同軸デジタル端子 〇
重量 1.7Kg
サイズ 548x70x86(mm)




YAS-106-2.jpg
YAMAHA YAS-106 ¥25,000
サラウンドシステム「YASシリーズ」に属するBluetooth対応フロントサラウンドシステム 。
薄型テレビの前にも設置できるサウンドバータイプで、4K/60p映像伝送やHDR映像伝送、HDCP2.2に対応したHDMI端子を装備。
不足しがちな低音を増強する低音再生技術「バスエクステンション」により、パワフルな重低音再生が可能となっている。

発売日:2016年 9月上旬
最大出力(サラウンド/ウーハー)60W/60W
チャンネル数 5.1ch
Bluetooth 〇
HDMI端子 〇 入力端子:1系統 出力端子:1系統
光デジタル端子 〇
同軸デジタル端子 ×
重量 3.2Kg
サイズ 890x53x131(mm)




DY-SP1.jpg
パナソニック DY-SP1 ¥10,000

発売日:2016年11月18日
最大出力(サラウンド/ウーハー)20W/20W
チャンネル数 2.1ch
Bluetooth 〇
HDMI端子 〇 入力端子:1系統 出力端子:1系統
光デジタル端子 ×
同軸デジタル端子 × 
重量 1.7Kg
サイズ 431x52x132(mm)




SBT-200-2.jpg
ONKYO SBT-200 ¥12,438

発売日:2014年 7月下旬
最大出力(サラウンド/ウーハー)40W/ウーハーなし
チャンネル数 2ch
Bluetooth 〇
HDMI端子 ×
光デジタル端子 〇
同軸デジタル端子 ×
重量 2.4Kg
サイズ 940x73x83(mm)




今回は売れ筋の4製品をピックアップしました。
どれもBluetoothには対応しているので、TVだけでなくスマホから音楽を聴くこともできます。
どれを選ぶと聞かれたら、多分「BOSE SOLO5」でしょうか。
ボーズファンですから^^;


↓新製品「Bose SoundTouch 300 soundbar」が2017年2月10日に発売されます。

BoseSoundTouch300_02_20170130091436e3d.jpg

価格は75,000円と高価ですが、進化したDSP、新開発のQuietPortテクノロジーによる深みのある低音が再生できるそうです。
SOLO5の音質に満足できないという方はこちらを選択した方がいいかも。ただし、サイズが大きいので要確認。
このサウンドバーだけでも十分だと思うんですが、より低音をグレードアップさせるために、サブのウーハーの追加も可能となっています。
さらに、サラウンドスピーカーの追加も可能となっており、5.1ch環境へとグレードアップできる楽しみがあります。
この性能で75,000円はお値打ちかも。

    

関連記事

スポンサーリンク





2017.02.28 Tue l オーディオ・ホームシアター l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1594-d953d857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)