DSC00877.jpg

【YOLK】ブランドのソーラー充電器。
コンパクトで美しいデザイン。
キラリと光るゴールドが高級感を感じさせます。
これがあればコンセントを探し回ることなく太陽の光があれば即充電できます^^!

スポンサーリンク




DSC00859.jpg
おしゃれな真っ白い化粧箱。

DSC00864.jpg
詳しい日本語マニュアル。

DSC00871.jpg
4枚重ねた状態です。
メインパネルは75g、サブパネルは65g

DSC00872-2.jpg
出力用USBポートは2つ。
「A」と「NA」の表示があります。
これは、「A」がアップル製品、「NA」はその他の電子機器用。
安定性を高めるため区別しているようです。
充電する機器がいずれもアップル製品の場合は、バッテリー容量の大きい方をAのポートに、
小さい容量のものをNAポートに接続するみたいです。

DSC00881.jpg
メインパネル1枚で「5V0.5A」 
本体にはデジタル電流計が搭載しているので、
充電中の電流値がリアルタイムに確認できます。

DSC00882.jpg
2枚の状態で「5V1A」

DSC00884.jpg
3枚の状態で「5V1.5A」

DSC00877.jpg
4枚増設で、スマホの2台同時充電やiPadなどのタブレットも充電できてしまいます。

サブパネルの厚さ約2ミリ。
ソーラーパネルにしてはかなり薄い方なのかな?
ペーパーといっても厚紙程度いった感じでしょうか。
マグネットが付いていて、カチッと簡単に容量を増すことができます。

DSC00873.jpg
韓国製。
パネル自体はしっかりとした作りだと思います。

DSC00869.jpg
サブパネルの裏面には+と-の表示があります。
ここから直接電力を得ることができるみたいです。
これを利用して工作などに使えるかも。

DSC00895.jpg

アウトドアの必需品!
防水性もあるので間違いなく重宝すると思います。
外出以外でも、災害発生時や停電の時に電気が使えないとき、
いざという時にあって良かったと思える非常用のアイテムですね。

初めは頻繁にオートリセット機能が働くので、大丈夫かなと思ったら、
最適な充電値を探す作業をしているんだとか。
そのままの状態で自動的に安定するようです。

ただ発電するといった製品は多くありますが、
このソーラーペーパーに関してはいろいろと細かな部分に配慮されている製品だと思いました。
開発に相当苦労されたらしいです。
これからもこのような素晴らしい製品の開発を期待しています。

Makuake「ソーラーペーパー」
関連記事

スポンサーリンク





2016.11.18 Fri l モバイルバッテリー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1592-fc49fa2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)