上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
R0050762.jpg

18-55mmのキットレンズをリバースアダプターで逆向きに装着。
外観はいまいちですが、そこから見えるスーパーマクロの世界はすばらしいものがあります。
マクロレンズを買わなくてもリバースアダプターがあれば安価でスーパーマクロが撮れるようになります。

スポンサーリンク




R0050773.jpg
レンズを逆付けするリバースアダプター「ニコンBR-2リング」

R0050767.jpg
リバースアダプター装着。
アタッチメントサイズ52mmなのでキットレンズの18-55mmがジャストサイズ。

使うレンズは広角レンズ。
より広角だと撮影倍率は上がります。
望遠レンズは接写できないので適さないです。

因みに倍率はこんな感じでしょうか。
50mmで等倍
35mmで2倍
20mmで4倍
広角になればなるほど倍率が上がりますね。
18-55mmはズームレンズなので撮影倍率を変えられるのが便利ですね。

R0050776.jpg
このレンズはそのままだと絞った状態になってしまいますので、

R0050775.jpg
厚紙やプラ版などでちょっと加工することで、絞りを調整することができます。
絞り環の付いたオールドレンズがあるといいですね。

R0050765.jpg
後玉や端子がもろ見えるのでカバーを取り付けます。

R0050777.jpg
後玉用カバーとしてニコンBR-3リングがあると便利。
フィルターを付ければ完璧です^^

DSC_0266.jpg


  
関連記事

スポンサーリンク





2013.03.22 Fri l マクロ(リバースレンズ) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1504-dc8dfda4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。