XPERIAからワイヤレス(Bluetooth)で聞くことができるスピーカー「Creative T12 Wireless」です。
Bluetoothが搭載されているスマートフォンや音楽プレーヤー、ノートパソコンで使用することができます。

T12_15.jpg

コンパクトなスピーカーは音質がチープという感じがありますが、
この「Creative T12 Wireless」は、本体裏側にBassFlexという低音機構を採用していて、コンパクトでありながらそこから聞こえるサウンドはパワフルで価格を超えるものがあります。
しっかりとした低音、クリアな高域・・・
こんな小さなスピーカーからこんな音が出るとはちょっと驚きました。

T12_10.jpg
▲本体裏側にあるウーハー「BassFlex」

T12_14.jpg
▲BassFlexとのバランスが絶妙の高性能フルレンジドライバー


XPERIAとのペアリングは簡単にできました。
1.スピーカー前面にある「Connect」ボタンを3秒以上長押ししてペアリングを実行。
2.メニューキー→設定→無線とネットワーク→Bluetoothをオン→端末のスキャン→Creative T12 Wirelessをタップして接続
次回からはBluetoothをオンにしてCreative T12 Wirelessをタップするだけで接続されます。

T12_21.jpg

xiialive、TuneWiki、mVideoPlayer、Raziko、Youtubeないろいろなアプリを試してみましたが問題なく再生されます。
着信があると、再生中の音楽がフェードアウトして着信音が鳴り、電話をとれば普通に通話できます(スピーカーからの音は一時的にオフになります)
通話終了後は再生中の音楽がフェードインして再生し始めます。
タイムラグもなくXPERIAと相性はいいようです。

ワイヤレスなのでどこに置いてもOK。
まるでXPERIAがリモコンになった感じです^^

   

スポンサーリンク




外箱です。
T12_01.jpg

開封・・・
T12_03.jpg

ピアノブラックのような質感が美しいです。
T12_04.jpg

スピーカーはカバーのようなものはなく丸見えなので子供にいたずらされそうです^^;
T12_06.jpg

右スピーカー前面にボリュームスイッチ、ヘッドフォンジャック、コネクトボタンがあります。
T12_05.jpg

ボリュームを左に回し込むと電源がオフになります。
T12_09.jpg

右スピーカーの裏にはライン入力端子、ACジャック、左のスピーカーにつなげる端子があります。
T12_08.jpg

近くで聞くと高域が若干強めかなと思いますが、少し離れれば低音とのバランスはいいです。
T12_12.jpg

Bluetoothの音質はいまいちかと思いましたが、まったくそんな感じはありませんでした。
どこにでもおけるので置き場所も困らないし、XPERIAで音楽を再生すれば部屋には心地よいサウンドが流れる・・・いいですね。
とても気に入っています^^


[仕様]
周波数特性:20Hz~20kHz
S/N比:80dB
Bluetooth バージョン:2.1 + EDR(Enhanced Data Rate)
プロファイル:A2DP (Wireless Stereo Bluetooth)
オーディオコーデック:apt-X、SBC
通信距離:約10m(見通し距離)
外形寸法:約18×7.1×9.8cm
重量:約1.16kg(ACアダプター含まず)
入力端子:左スピーカー出力端子(右スピーカー背面):ピンジャック、ライン 入力端子(右スピーカー背面):φ3.5mmステレオミニジャック
出力端子:ヘッドフォン出力端子(右スピーカー前面):φ3.5mmステレオミニジャック
コントローラー:電源スイッチ/ボリュームコントローラー(右スピーカー前面)、接続ボタン(右スピーカー前面)


関連記事

スポンサーリンク





2011.03.02 Wed l XPERIA l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1360-f3b7b4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)