雲台には3ウェイ雲台と自由雲台が一般的ですが、
その中でスリックだけのオリジナル方式としてフリーターン雲台というものがありまして・・・
なんか使いやすそうと思わずポチってしまいました。

フリーターン雲台にはコンパクトなSH-707Eとデラックスタイプがありますが、
私はコンパクトタイプのSH-707Eを選びました。

SH-707E01.jpg

パン棒と雲台レバー両方を緩めれば、
カメラは上下左右のほか、斜め、真上、真下とまるで自由雲台のように調整できます。
三脚が傾いた場所でも水平出しができるのがこのフリーターン雲台の特長だそうです。
freeturn-300x375.jpg

スポンサーリンク




D300と18-200OSを乗せた状態。
がたつきもなく雲台の回転は非常に滑らかとなっています。
R0040633-800x600.jpg

水平を出したあと雲台レバーを緩めれば雲台が360度回転することができるのでパノラマ撮影も楽々です^^
SH-707E02.jpg

パン棒は1本のみなので収納はご覧の通り。
軽量なカーボンスプリント三脚にピッタリです!
付属の収納袋にちゃんと納まります。少し重たくなりましたが^^;
SH-707E03.jpg

詳しい使い方は動画でご覧ください。
※3:30以降にフリーターン雲台の説明があります。


 
関連記事

スポンサーリンク





2010.11.16 Tue l .カメラ・レンズ 三脚 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1319-40f13f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)