上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
70-300mm.jpg
左から
NEW TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
インターナル・フォーカス方式(前玉が回転して繰り出すことがない)
タムロン初の超音波モーター(USD)搭載で動きの速い被写体に対応し、
さらにフルタイムマニュアルフォーカスが可能となっています。
[仕様]
焦点距離 70-300mm
明るさ F/4-5.6
絞り羽根枚数 
最短撮影距離 1.5m
最大撮影倍率 1:4
フィルター径 φ62mm
最大径×全長 φ81.5mmx142.7mm
質量(g) 765g
最小絞り F/32-45

NEW SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG OS
フォーカスは旧同様、前玉が回転して繰り出す方式。駆動もDCモーターで従来と変わらず。
フルタイムマニュアルフォーカスには対応していない。
[仕様]
焦点距離 70-300mm
明るさ F/4-5.6
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り) 
最小絞り(W端) F22
最短撮影距離 1.5m
最大倍率 1:3.9
フィルター径 φ62mm
最大径×全長 φ76.5mm×126.5mm
重量 610g

旧)SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
フォーカスは前玉が回転して繰り出す方式でAFはDCモーター。
200-300mmで最大倍率1:2のテレマクロが使える。
[仕様]
焦点距離 70-300mm
明るさ F/4-5.6
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り(W端) F22
最短撮影距離 1.5m(マクロ時 0.95m)
最大倍率 1:3.9(マクロ時 1:2)
フィルター径 φ58mm
最大径×全長 φ76.6mm×122mm
重量 550g

タムロン初の超音波モーター(USD)、「XLD」レンズ採用、フルタイムマニュアルフォーカス、
インターナル・フォーカス方式と進化しているのに対しシグマはあまり進化なし・・・。
シグマと同価格帯なら迷わずタムロンでしょうか。

タムロンが手ぶれ補正超音波モーターによるAF機構を搭載した望遠ズームレンズを発表と思いきや、シグマもそうなんですがテレマクロモードがなくなっているのは残念なことです。
便利な機能なのでもしかしてタムロンはとは思っていたんですが・・・
まだ発表されたばかりですが、
ぜひマクロモード搭載の改良版を出してほしいです。

手ぶれ補正が付くと必然的に大きく重くなってしまうのも残念です。
どんどん小型化されるデジタル一眼。
ボディ内手ぶれ補正もいいなぁと思ってしまいます。
関連記事

スポンサーリンク




2010.03.13 Sat l .カメラ・レンズ 交換レンズ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1188-400342d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。