東から昇りはじめるオリオン座を高感度でインターバル撮影。
ひょっとしたら写るかもと期待して・・・。
下の写真は116枚を比較合成した写真です。

残念ながら収穫なし。
Orion01.jpg
Nikon D300 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II
(17mm、F3.2、2秒、ISO3200)

インターバル撮影したうちの1枚はこんな感じです。
DSC_0479-1542x1024.jpg
Nikon D300 + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II
(17mm、F3.2、2秒、ISO3200)

スポンサーリンク





流れ星が見れないので望遠レンズに交換して70mmでオリオン座を撮影。
DSC_0423-1542x1024.jpg
Nikon D300 + SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
(70mm、F4、3秒、ISO1600)

小さいですがM42オリオン大星雲です。
300mmではこれが限界。
DSC_0425-1542x1024.jpg
Nikon D300 + SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
(300mm、F5.6、1.6秒、ISO3200)

2006年には出現数が急増したといわれる流星群。
深夜11時頃から明け方まで1時間当たり15~20個程度観測できるらしいんですが・・・。
12時頃から30分ほど眺めていたのですが見れなかったです。
もっとねばらないといけないですね。

撮影日2009/10/21
関連記事

スポンサーリンク





2009.10.22 Thu l 夜景・夜空 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
インターバル撮影で長時間露光と同じ結果を綺麗に撮れる訳ですか。合成は大変ではないのですか。
2010.04.15 Thu l スパツィオ. URL l 編集
スパツィオさんへ
コメントありがとうございます。
これはインターバル撮影で大量に撮った写真を各画像の平均を取りながら合成したものです。
結果、長時間露光で撮った写真みたいになります。

私はそんなに詳しくないですが、コンポジット合成写真で検索すると詳しいサイトが見つかりますよ。



2010.04.17 Sat l windy. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanpophoto2.blog18.fc2.com/tb.php/1061-f2ec93a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)